エネルギーの話⑥(光のかけら)

私が少しでもできること、必要な人に届いてほしい。💗

 

電話がなった。初めてのお客様。

「予約したいのですが、今日できますか?」切羽詰まった感じ。

どうやら、コロナで弱っているらしい。ヒーリングコースの説明をして、ヒーリングコースを受けられることに、、、、

 

元々、精神が不安定らしく、とても,重い雰囲気でだるそうに来店。

今、仕事が休みになり、家にこもってテレビ見ていたら、

もう、体中重くて痛くて、心もおかしくて限界、、、、ということでした。

そりゃ、そうなるわ。ミヤネ屋とか💦、、、、(笑)私でも病む。

 

まず、身体をもみながら、カウンセリング的にお話聞いてエネルギーを流して、身体をリラックスさせていきます。コロナと他の病気の統計の数字なんかの話をしました。

「少し、怖くなくなった。」って少し安心した様子。

 

背骨を触った瞬間に、「あっ!あなたは、生まれてきたこと、自分の存在、他人に迷惑かけて申し訳ないとかで、自分を全否定してない?」と口が勝手にしゃべっていました。直観でふと入ってきました。

彼女は、素直に「そうです。」と答えました。

 

これは、コロナ以前の問題である❢ 😨😨😨

 

まず、自己否定で詰まっている、彼女のエネルギーラインを修復する。

彼女とのセッション中に降りてきた、空も海も真っ暗なイメージが浮かぶ、

 

そこに、光のかけらが空から一筋落ちてきた。

そこから、光が広がり、暗かった空も海も瞬く間に、

明るくなり、氷が解けるように、光に包まれていく映像が見える。

その映像を、セッション中に彼女に伝えて、

「光のかけらが、心に入ったからこれからどんどん元気になるよ。」

と言って、セッションは終わりました。

彼女自身の自己否定の直観や、真っ黒な海空の映像は、彼女のハイアーセルフからのメッセージだったのでしょうか?

(上のような文章、よくヒーラーの書いてる本にあるけども、意味が解らんかった。それなのに、私も、こういう説明文載せたくなる。多分、ほとんどの人が意味が解らないと思うけど許して。(笑))

 

セッションが終わり、光の粒ってこんなんよ。と、サンキャッチャーを見せる。「そう、そう、それでした。」と彼女はコロコロと微笑む。よかった。

「どう?コロナ。」って聞くと、「もうコロナは怖くないです。」って、

来た時とは別人のように帰っていく彼女をほっとして見送る。 

 

ヒーラー冥利に尽きますね。来てくれて、ありがとう。💗

世間的には、まだまだ認知されていないヒーリングやエネルギーワークだけども、たった、1時間でこんなにも元気にさせられる方法って、すごいと思う。

 

ものの見方で、世界が変わる。

同じ世界でも、幸せにも不幸にもなる。

彼女はこの1時間でものの見方が変わっただけ。

本当に、今のコロナの世界は、今まで気が付かなかったいろんなことを、

教えてくれます。

 

不安を抱えている方、大丈夫ですよ。連絡ください。😉

 

 

 

 

 

 

 

 

次の記事

重曹歯みがき🐈